サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

E検定(AI、ディープラーニング)受験を思案してみましたが…結論、やめときます!

 

 

 

(この行を消して、ここにピザのエピソードを書いてください)

 

E検定もある

先日、無事にG検定(AI)に合格した私です。

このG検定のGとは「ジェネラリスト」(=ディープラーニングを事業活用する人材)のことです。

日本ディープラーニングでは資格試験が2つあり、1つがG検定で、もう1つE検定があります。このE検定のEとは「エンジニア」(=ディープラーニングを実装する人材)のことであるそうです。

 

www.neuf9trois3.com

 

G検定合格者の70%がE検定受験を希望

G検定を受験すると、受験後に簡単なアンケートがあります。

そのアンケート結果によれば、G検定合格者の70%がE検定受験を希望しているそうです。まあ、つまり、E検定取得を目指すエンジニアの方でも、そのファーストステップとしてG検定を受験しているんだろう、と思うわけであります。

そんな事実を知ると、G検定を取得した私もE検定を受ける資格があるというか、なんか一段近づいたような気がしてくるわけです。

 

www.jdla.org

 

AI人材が求められている

私もG検定受験のために勉強しましたので、AI関連の時事はよく知っています。

AI人材って、今すごく求められているのです。とにかく需要があり、各産業でAI人材の確保が大変なんだとか(新聞でもよく触れられている話ですね)。

ということは、私自身がもし「AI人材」と呼ばれる人になってしまえば、かなり引く手あまたな状態になるのではないか?と妄想したりします。

ということで、E検定を受験してみよう!と考えてみました。

 

受かるのか?

E検定の難易度はそうでもなさそうです。合格率は70%程度とのことです。

合格者のブログを読んでみると、G検定よりははるかに難しいらしいですが、おそらく受験者の70%を合格させるというボーダーラインを設定しているようで(合格基準は非開示)、つまり受験者の上位70%に入ればいいわけです。

そういう意味では難易度は高くはないのかと。

 

但し、問題は受験料ですね。なんと32,400円です。高い!すごく高いです。

受験者の30%は32,400円を支払って落ちているわけです。そう考えると受験にはかなりのリスクが付きまといます。

  

 

受験資格が厳しい…無理ですね

受験料よりもハードルが高いのが受験資格ですね。

E検定は日本ディープラーニング協会の認定プログラムを修了していないと受験することができません。

 

この認定プログラム修了が難しいんです。なにせ高い!

認定プログラムとして7つ掲載されていますが、価格が確認できるもののみでも30万円~60万円程度かかるんです。個人では無理でしょう。

 

認定プログラム修了と受験料で50万程度必要で、2~3か月週末は4時間程度みっちりと講義(オンラインも可)があるわけです。これは厳しい。

私自身、これまでいくつかの資格を取得しましたが、全て独学です。テキストおよび参考図書を買ってきて(借りてきて)自宅で勉強する。特別に学校に行ったりはしたくない、と思っています。

だからこそ、この受験資格はハードルが高すぎます!

 

www.jdla.org

E検定受験は見送りですね

E検定合格者のブログを読んでいると、印象的な表現がありました。

E検定は自動車免許と同じ感覚だと。つまり認定プログラムは自動車学校と同じで、E検定は自動車免許の筆記試験のようなものです。

つまり、高額が必要な認定プログラムでしっかりと勉強をし、そこで修了認定されることが最も重要であるわけです。E検定は、その終了認定のレベルを協会として確認している程度ではないか、と思います。

まあとにかく、いろいろと条件が厳し過ぎると思いますので、私はE検定の受験は見送ります。

でも会社が費用を出してくれたりする方々は取得してみてはいかがでしょうか。確実に需要のある人材になれると思います。