サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

G検定(AI)合格しました!

 

はい。本日、G検定の合格発表がありました。

「合格」でした!うれしい。安心しました。

 


 

 

合格

先日(11/24)に受験したG検定の結果が届きました。

オンライン受験なので、結果発表の早いですね。

本日(11/30)の12時過ぎにメールで連絡がありました。

 

「合格」でした。 

総受験者数2,680名中、合格者数1,740名ということです。

合格率にすると...65%!?なんか高いですね~

 

前回までと比べると。まず受験者数が増えています。

そして前回までは、合格率は50%台でしたので、受験者全体のレベルが上がってきているのでしょうか。

 


 

 

合格基準は正答率か?

前回の合格率が50%台、そして今回が65%であったという事実を考慮すれば

おそらく合格基準は正答率で設定されているのだろうと思います。

合格基準は開示されていませんが、おそらく正答率70%?もしくは60%くらいではないでしょうか。

というのも、前回までの試験で、受験者のブログを見てみると、「全然ダメだった...」とか、「今回はダメだったので、次回頑張ります」とか、そんなこと言っている人も合格になっているという事実があります。

ということは…正答率のバーはおそらく低め(60~70%)ではないか?と勝手に想像したりしています。

 

まあ、とにかく、

私自身は今回「合格」という結果を得ることができ

安心しています!1ヶ月勉強しましたからっ!結果が出てよかったです。

 

今回、このG検定の勉強をして「よかった」と思っています。

AIは今後のビジネスを考える上で必須のツールになってきます。

そのAIをどう使うか、そのAIはどういう特性があるか、を理解することはビジネスを展開する上では重要ですよね。

 

また一方で、世間一般ではAIに対する過度の期待があります。

「AIを導入してデータを入れれば、AIがなんでも課題解決してくれる」という間違った認識をしている方も多い状況です。

そういう方々に、「いや、そうじゃないです。AIの特徴はこうで、万能なものではないですよ」と伝える役目も、G検定合格者にあるのではないかと思います。

 

今回は「合格」という結果を得て、よかった、わけですが、

今後は得た知識とどう活かすか、G検定合格者としてのアウトプットの質が問われると思います。しっかり、得た知識をビジネスに応用していきたいですね!