サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

G検定受験!出来は自信ありません。どうかな~

 

ついに受験!

はい。本日(11/24)G検定を受験しました!

 

率直な感想は…難しい!ということです。

とにかく問題数が多いです。226問を2時間で解く必要があります。

オンライン受験なので、テキストを見ることも、ネット検索することも、どちらも可能なんですが、とにかく時間がないっ!調べる時間なんてない、という印象です。

私の当初のプランでは、1時間半で全問を一通り解答して、残り30分で解けなかった問題をじっくり考えたい(調べたい)と考えていましたが、全然時間が残りませんでした。

当然、オンライン受験なので、ネット等で参照できることは運営側もわかっているわけですから、それを考慮しての問題数の多さかもしれません。

 

 

 

けっこう難しいと感じた理由①

G検定は今回初めて受験しました。

難しいと感じた理由の1つは、問題文の日本語の理解が難しいということ。

正解になりそうなのが2つあったりして、どちらが正解なのか、判断に迷ってしまいます。日本語の解釈によってはどちらでもよいと思われる解答もあるかと。

あとは、本当に概念を理解していないと解答できない問題もあるということですね。

「混合行列」は絶対に出題されると思っていて、公式テキストを開いて準備していましたが、実際の問題は…難しかったです。

どれが「正解率」「再現率」「適合率」になるか?ではなく、こういう課題に対する解決策をして「再現率」を使うべきか?「適合率」を使うべきか?といった設問であり、難しいな~と思いました。

 

けっこう難しいと感じた理由②

もう1つはなんといっても、出題範囲でしょうか。幅広すぎますよね…

全く知らない領域の問題(初めて目に触れる内容)もありました。これは私の準備不足とも言えなくはありませんが。

でも、でも、公式テキストが販売されていて、その公式テキストに掲載されていない内容の問題が多いのも、どうなんでしょう?と思ってしまいます。

おそらく、というか間違いなく、公式テキストだけを100%マスターしていたとしても、このG検定には合格できないんじゃないか?と思いました。

まあ、合格基準が開示されていませんからわかりませんが。

 

とにかく1ヶ月勉強してきました。

合格できている!という自信はありませんが、ある程度は解けたと思います。

合格発表は30日までにメールで通知されるそうなので楽しみに待ちましょう。

今晩はゆっくりと晩酌してくつろぎたいと思います。