サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

Bankera(バンクエラ)がいい感じ!

f:id:neuf9trois3:20180930162324p:plain

 

はい。最近のBTC(ビットコイン)価格はヨコヨコです。

ここんとこ、ずーーーっと70万円ちょっとです。全く変化なし。

早く上昇してほしいものです。

 

 

Bankeraがいい感じ

最近、BankeraのBNKトークン価格が上昇しています。

いま現在は1BNKが0.5円を超えている状況です!

依然として、ICO価格は下回っていますよ。しかし、0.2円台もあったわけですから、ここ2週間程度で大きく価格上昇しているわけです。

 

Bankera取引所

価格上昇のきっかけは、「もうすぐBankera取引所が始まるよ~」というニュースですね。この期待感が価格にじわじわと反映されているのではないでしょうか。

 

 

Bankera取引所開始時期はハッキリとはしていません。

予定では年内です。ここであえてアナウンスしたということは、予定通り年内に開始になるということでしょう。

これに対する期待感の価格情報ではないでしょうか。

 

他のICOと比べると、Bankeraは計画の進捗がほぼ順調であります。

特にプロダクトが秀逸であります。

1つはこのBankera取引所です!これが年内、間違いなさそう!というのはポジティブインパクトですね。

それと1つはBNKトークンですね。週1回ペースでレベニューシェアという配当(ETH)がもらえるわけです。

そりゃ、期待も高まりますよね!

 

黒か白か

昨日に運営側が発信したTweetが以下です。

 

 

Bankera取引所のバック(背景)は何色がいい?とユーザーに聞いています。

黒か白か、答えてね~っていう企画です。このTweetでも盛り上げ感を醸成できているのでしょうか。BNK価格は上昇しています。

 

ちなみに私はwhite(白)がいい!とRetweetしました。

でも、ほとんどの方がBlack(黒)がいい!と回答していました。

私としては、白バックが使いやすい気がするのですが…でも、黒もカッコイイな~と思ったりもします。

それぞれユーザーによってカスタマイズできる設定にしてくれるとうれしいですね~

 

 

パスポートが切れている

実は最近、SpectroCoinからアラームがメールで届いています。

なぜかというと、パスポートが切れているんですね(有効期限が切れているわけです)。

前のパスポートは8月が期限でした。このパスポートをSpectroCoinのKYC(Know Your Customer)に登録していたので、最近アラーム鳴りまくりです。

 

アラームの内容は、『顧客認証用の書類が期限切れなので登録し直してください。そうでないとSpectroCoinを利用できなくなりますよ』というもの。

当然と言えば当然ですよね。

と。いうことで本日、パスポートの更新手続きに行ってきました!

10年モノで16,000円かかります。なんか高いな。何にそんなお金がかかるんだろう?と考えてしまいます。写真代800円を併せれば16,800円です。

その16,000円ですが、収入印紙を2枚買って貼るんですよ。

わざわざ違う窓口に行って(私が行った場所では申請する窓口とは、空間的に別の窓口がある部屋に行って)、収入印紙(切手みたいなやつ)を現金オンリーの窓口で買って、印紙の裏にツバ付けて貼るわけです。

この一連の作業については個人的にはいろいろな改善余地があると思います。

キャッシュレス対応(パスポートセンターが未だに現金オンリー?)、自動化(申請書を手書きして、申請窓口とパスポート発行窓口も違うし、そもそも窓口まで行く必要がある?)、データ連携(毎回わざわざ本籍のある市町村から戸籍謄本を取り寄せる必要があるのか?プリントアウトおよび郵送、またそれに関わる人的リソース含め全く効率的でない)、と様々な改善余地があり、それを改善できればもっと収入印紙代は低く抑えられるんじゃないの?とも思うわけであります。

 

パスポートができあがるのが1週間後とのことです。

待っていてほしい!1週間後に更新します!

いま価格上昇局面ですから、レベニューシェアでBNK買い増し!ができないと困ってしまいますからね。