サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

副業:Crowd Works(クラウドワークス)でネーミング案応募

f:id:neuf9trois3:20180909181456p:plain

 

Crowd Works

先日、Crowd Works(クラウドワークス)に登録しまして、ちょくちょく覗いているわけです。

クラウドワークスは、様々な仕事がネット上で紹介され、ネット上で受注できるサービスですね。記事を書いたり、なんらかの内職のようなものをしたりといった仕事があります。それはそれは多種多様な仕事があります。お気軽に副業を始めることができるサイトですね。

提示された金額で仕事を受け入れれば、仕事を行い、その後に報酬が支払われるシステムです。けっこうシステムは簡単です。

で、チョコチョコ覗いてはいるんですが、なんとも単価が安いんですね。

元々、私はこのクラウドワークスで記事を書く仕事をやってみたいな~と思い登録しました。しかし、単価が安いんですね!

1文字1円未満の案件がほとんどです。0.5円とか…1,000文字の記事を書いて500円ですからね。1,000文字の記事を書くのにもそれなりに時間はかかるわけですから…時給にしてみるとすごく安価になってしまうわけです。

 

ネーミング案募集

じゃ~、私はちょこちょこ覗きながら何もしていないかというとそうではありません。

結構、単価が高い案件にトライしています。

それは…ネーミング案募集です。なんらかの商品や企画のネーミング案やキャッチコピー案を募集しているんですね。単価は10,000とか30,000円を超えるものも多々あります。

でも、募集された中から1つを選ぶんですよね。つまり優勝した人がその報酬をもらえるわけです。応募者の多いです。100人超が当たり前です。

当然ド素人の私のネーミング案なんて1度も選ばれていません。

が、このネーミング案募集は優勝者(つまり依頼主が採用する案)が決まらないケースもよくあるんですね。この場合は報酬を応募者全員で山分けするシステムとなっているようです。だから、優勝者がいなければ、応募さえしていれば20円、30円と報酬が入ってくることがあります。

というわけで、私今のところ、このネーミング案募集で300円程度稼ぎました。

まあ、もし熟考すれば、時給換算で考えれば安価となってしまいます。しかし、私はネーミング案募集が目に入った瞬間に、瞬発力を持って(あんまり時間をかけて考えずに)フィーリングでネーミング案を作るようにしています。

いつか優勝できて(採用されて)ビッグな報酬をゲットできるといいんですけどね~