サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

独り言:台風の影響で3日間停電になりました…

f:id:neuf9trois3:20180908185615j:plain

 

台風21号で停電

9/4に日本上陸した台風21号はすごかったですね。

あんなに風速が強い台風は過去にも経験していません。

私が住んでいるマンション(9階建て)が風で揺れていました。

また外を覗いてみると、近くの建造物の屋上にあるもの、ベランダに置いてあるものが風で飛来して危険極まりありませんでした。

 

その9/4火曜日の14時頃、私の住んでいるエリアは停電になりました。

それから…結果として、金曜日の朝まで3日間停電したままでした。

けっこう大変でしたね…

 

停電といっても、私が住んでいるエリアは水道、ガスは無事でした。

また停電しているエリアは徐々に狭まっていき、私の住んでいるエリアが復旧が遅く、金曜まで復旧しなかったという状態でした。

道を挟んで向こう側(50m先)は台風の日(9/4火曜日)の夕方には停電が復旧していましたので、なんだか複雑な状況でした。

つまり、私の家は停電で大変なんですが、少し歩けばコンビニもあり食料も確保できるし、会社に出社すれば普通に仕事もできて携帯も充電できる、とそんな感じです。

 

私の場合、充電には困りませんでしたが、携帯の充電はホントに悩ましいところです。

停電になると当然テレビを見れないわけで、最新情報を得る方法はやはり携帯電話(スマホ)に頼るわけです。しかし、充電できない…

いまはソーラーパワーのスマホ充電器もあるんですって。これは便利ですね。


 

 

やはり停電はかなり不便です。

そして改めて思いました。防災グッズを備えておくことは重要です!

私は今回の場合、食料や水に困ることはありませんでしたが、防災グッズの懐中電灯がホントに役立ちました。(午後7時以降は真っ暗ですから)

妻が防災グッズを用意してくれていて本当によかったと思っています。

懐中電灯はマストアイテム

今回の停電で3回分の夜を電気無しで過ごしたわけです。

やっぱり懐中電灯はマストアイテムです。

 

まず晩ゴハンですね。いまの季節なら午後7時には日が落ちてしまいます。

つまり電気がなければ7時以降は真っ暗であり、ゴハンを食べるのが大変。

我が家では、停電中は仕事を早退して、早め晩ゴハンを食べるようにしましたが、それでも懐中電灯は必要です。

薄暗い中でゴハンを食べるのは味気ないですからね。

 

それから、もう1つ、懐中電灯がマストな理由があります。

マンションに住んでいると、停電の場合、エレベーターが止まってしまいます。

この場合は当然、階段を使うことになるわけです。(…高層階だとひどい状況になってしまいます。)

マンションの階段も電気がない状態だと真っ暗なんですよね。

夕方や早朝でも、隣のマンションの影になっている箇所では真っ暗で何にも見えない状態です。そんな中で階段を降りるなんで危険極まりない行為となってしまいます。

ということで、懐中電灯が重宝します。

災害に備えて、防災セット(例えば、懐中電灯)は必ず用意すべきかと思います。

 

懐中電灯の話でもう1つ。マメ知識です。

会社で先輩に「停電で困るのは、やっぱり晩ゴハンですね。懐中電灯は使っていますが、光が拡散しないんでランタンがあればいいんですがね~」と話していました。

先輩が「ウチも1日だけ停電してたけど、スーパーの袋をかぶせて使ってたよ。そしたらランタンみたいに光が拡散するってネットで見たから」とのこと。

ということで、私は知らず、今回はできていませんでしたが、以下のイメージ(*ネットで検索して見つけました)の通りにしてもらうと懐中電灯がランタンのように使え便利です。

私の次回、同じような状況になった場合は、これを忘れず利用したいと思います。

 

f:id:neuf9trois3:20180908185710j:plain 

(↓でもやっぱり、あると便利です。ランタン)