サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

ここ数日で思ったこと。書籍『これからを稼ごう』も読みました。

BTC(ビットコイン)価格は70万円を行ったり来たりという展開ですね。

ここ最近は大きな動きはありませんね~。いくつかポジティブなニュースもあるように思いますが、価格は反応しませんね~。

「これからを稼ごう」を読んでみた

ホリエモンの書籍「これからを稼ごう」を読んでみました。私自身、ホリエモンの本を読んだのは初めてです。よく本屋さんでホリエモンの本は見かけます。いったい何冊かいているんだろう?と驚くようなペースで本を出していますよね。

今回この「これからを稼ごう」は、副題が『仮想通貨と未来のお金の話』であり、モロに仮想通貨にフォーカスした本なので興味を持ちました。

まず、読みやすかったです。仮想通貨に関することについて網羅的に説明されています。仮想通貨の初心者でない方にとっては「知っている」内容も多いかと思います。私自身も初心者ではないだろう、と思っています。が、「知っている」内容もありつつ、網羅的に説明されているので「知らなかった」ことも多く勉強になりました。

イーサリアムってスゴイですね

ETH(イーサリアム)は仮想通貨取引されている方で、知らない人はいないでしょう。そして保有されている方も多いと思います。特にICOに参加したり、エアドロップに参加したりすると、そのトークンがETHのウォレット(MyEtherWallet)上で管理することが多いですよね。私もよくETHを触っています。

しかし、知らないことが多かったことに気付きました。私、なんで『スマートコントラクト』っていうんだろう?とずっと疑問を持っていました。コントラクトって契約のことですからね。その答えもこの本の中に書いてあります。ETHがなぜできたのか?その他、ETC(イーサリアムクラシック)の成り立ちや、ETHはホントに最近できたものであることなど、ETHのスゴサを再認識しました。そして、開発者の青年ビタリックがいかに天才なのかを。

仮想通貨はこれから

本を読むと、仮想通貨はまさにこれから、なんだと思います。

今はそれほど決済に利用されていませんが、今後は仮想通貨の決済利用が拡がればいいな~と思います。

日本は世界でも稀なレベルのキャッシュレス後進国です。しかし、2020年にはオリンピックがあり、多く外国人が日本にやってきます。日本にやってきた外国人が決済に困らないようにキャッシュレス化を進めていく必要がありますよね。外国人の方も日本円を用意せずに(持ち歩かずに)日本を楽しめればハッピーですね。そんなキャッシュレス化の1つの解決策として仮想通貨決済が普及すればいいな~と思います。

なにか自分にできることはないか、と考えてみたいと思います。