サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

住民税支払いでポイントをためる方法

f:id:neuf9trois3:20180630092617j:plain

住民税の支払いでポイントをためる方法

確定申告して所得税を納める場合、現在はクレジットカードが利用できるようになりました。クレジットカード払いすればポイントをためることができます。普段のショッピングと比べても大きな金額を支払うわけですから、しっかりとポイントをためておきたいところです。

 

では、住民税はどうか、と言いますと、自治体によってクレジットカード払いが可能なところとそうでないところがあります。しかし、クレジットカード払いできない自治体であっても、ポイントをためる方法はあります。

 

住民税はコンビニでも支払うことができます。これをセブンイレブンで行い、nanacoという電子マネーで支払えばポイントをためることができます。

ただし、nanacoでの支払い自体でポイントがたまるわけではなく、クレジットカードからnanacoにチャージした場合にポイントがたまるのです。

・200円ごとに 1 nanaco ポイント

 

このクレジットカードによるnanacoチャージができるのが「セブンカード プラス」です。カードを作るなら、まずネット検索してみましょう。いろんなキャンペーンを見つけることができると思います。私の場合は、「アフィリエイトA8」の「セルフバック」から登録してカードを作ったため、6,000円もらいました。これだけでも十分にお得ですよね。

 

クレジットカードからnanacoにチャージする場合は、パソコンやスマートフォンで行います。一旦はセンター預かり状態となり、そこからnanacoへチャージという流れとなります。nanacoへのチャージはセブンイレブン内の端末、もしくはレジで「残高確認をお願いします。」と言えばOKです。

 

f:id:neuf9trois3:20180630092804j:plain

 

注意すべき点はnanacoチャージは50,000円分しかできないということです。但し、センター預かり分として別途50,000円分置いておくことができます。つまり合計で100,000円分をクレジットカードからチャージしておくことができます。

200円ごとに1nanacoポイントですから、この100,000円チャージした状態で500nanacoポイントをためることができるわけですね。

 

f:id:neuf9trois3:20180630092855j:plain

 

そして、実際の支払い場面です。nanacoには50,000円分しかチャージできません。じゃー、住民税は50,000円までしか払えないのか?というとそうではありません。100,000円分まで払うことができます。(nanacoカード自体は複数持つことができるので、複数枚を保有すればもっと高額にも対応することはできます。)

 

例えば、90,000円の住民税を支払う場合は、一旦nanacoで50,000円分を支払います。この時点で、nanacoの残高は0円になってしまうわけで、まだ40,000円分が未払いです。でも、センター預かり分があれば大丈夫です。レジで「残高確認してください」と言います。センター預かり分がすぐにチャージされますので、残り40,000円もnanacoで支払うことができます。

 

f:id:neuf9trois3:20180630092908j:plain

 

ポイントをためることができてハッピーなのですが、少しめんどうなところもあります。というのもクレジットチャージには回数や金額に制限が設けられているのです。

 

・1回のチャージは30,000円まで

・1日あたりのチャージは3回まで

 

つまり、上記の例にある90,000円を支払う場合、まず①30,000円チャージ、次に②20,000円チャージします。*センター預かりも上限が50,000円なので。

そして、ここで一旦セブンイレブンに行く必要があります。セブンイレブンで端末ましくはレジで「チャージ」もしくは「残高確認」をします。これでカードにnanacoが50,000円分チャージされるわけです。*端末でチャージする場合は、上限が49,000円という謎の制限もあります。

90,000円を支払うためにはセンター預かり分が40,000円ないといけないので、またチャージをします。③30,000円チャージします。あと10,000円です。しかし、1日あたり3回という制限があるため、4回目は翌日まで待つ必要があります。で、翌日になって④10,000円チャージします。nanaco残高が50,000円、センター預かり分が40,000円という状態にすることで90,000円を支払うことができます。

この作業をおこなって、ためることができるのが450ポイントです。つまり450円です。そう考えるとビミョーな気もしてきます…でももらえないよりかは少しでもポイントがもらえた方がいいですよね。

はい。ということで、住民税支払いでポイントをためる方法をご紹介しました。