サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

国内の仮想通貨取引所に業務改善命令

f:id:neuf9trois3:20180623045650j:plain

仮想通貨は相変わらず低迷中ですね。

そんな中ですが、いろんなニュースがありました。

 

国内の仮想通貨取引所6社に業務改善命令

出ました。業務改善命令です。bitFlyerは新規口座開設を停止します。

bitFlyerがこの件を発表した直後から、BTC(ビットコイン)価格が急落しました。

でも、この業務改善命令自体はBad newsと捉えず、Good newsと捉えてもよいのではないかと思います。なぜならば、利用者保護という観点もあり、我々が安心して仮想通貨を取引できる環境が整備されていくわけですから。

例えばbitFlyerの株主であったりすれば、今回の件は痛手であろうかと思います。しかし、仮想通貨自体は世界中で取引されているわけで…日本の一部の取引所に業務改善命令が出ても、そんなに影響することはないのではないでしょうか。

もちろん、bitFlyerは新規口座開設を停止したわけなので、仮想通貨取引に新規参入する人が少なくなるという弊害はありますね…そういう意味ではBad newsと言えます。

 

www.newsbtc.com

 

マウントゴックスが民事再生手続を開始

このニュースについても、どう捉えるべきか悩みますが、まあGood newsではないでしょうか。

というのも、これまでも破産管財人がマウントゴックス保有のBTCを大量に売却することがありました。その度にBTC価格に影響して価格低下する弊害があったのです。1月に起こった大暴落のきっかけになったとも言われています。

だから、この民事再生によってBTC大量売却が今後なくなるなら、BTC市場にとってはGood newsではないでしょうか。

 

いずれにしろ、BTC価格は以前下がっているわけで…早く復活してくれることを祈っています!