サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。17年1月に仮想通貨デビュー。副業を軌道に乗せてアーリーリタイアメントしたい!

続)確定申告:予定納税???

f:id:neuf9trois3:20180616214809j:plain

予定納税???

予定納税って知ってますか?私は知りませんでした。

住民税の通知書に引き続き、予定納税の通知書が届きました。

予定納税とは、本年度の確定申告額から計算して、翌年の納税額が15万円以上になると考えられる人が事前に納付すべき税金です。

その金額は、本年度分のなんと3分の1です。7月に3分の1を納付し、11月にも3分の1を納付します。もちろん翌年の確定申告時に、この予定納税額を申告することで納税額から差し引かれることになります。

だから、おそらく差し引きはゼロになるはずです。でも、これって確定申告初年度の人にとってはかなり厳しい条件ではないかと思います。

例えば、昨年の仮想通貨バブルで大儲けした人がいたとして、その方が利益の50%程度を納税したとします(仮にです…利益が大きいので最高税率に近いとして)。

すると、確定申告額から計算すれば、翌年度も同じくらいの税金が発生すると計算されるわけです。予定納税は3分の2となります。つまり、この人の場合、今年度中に利益の50%と、50%の3分の2を支払うことになるわけです!手元に残るのは50%の3分の1だから、16-7%くらいでしょうか。

今年度中も収入がある(はず)であるわけですから、払えないわけではないでしょうが…仮想通貨で儲かって確定申告した人にとってはかなりの痛手かもしれません。いま仮想通貨価格は暴落していて低迷中ですからね。

 

私にとっても、この予定納税額は大きな金額です(私はそれほど税率は高くはありませんが…)。

金額を見て、えええっっ!?と思いました。…でも落ち着いて考えてみれば、事前に納付するだけで、差し引きゼロです。

しっかり、期日を守って納税しますよ。当然です。

 

納税方法

予定納税についてはクレジットカードで支払い可能ですので、もちろんクレジットカードを使ってポイントを貯めたいと思います。

住民税と予定納税のスケジュールを把握しながら、計画的に納税したいですね。

 

・住民税)1期:平成30年7月2日まで

・予定納税)1期:平成7月1日~7月31日

住民税)2期:平成30年8月31日まで

住民税)3期:平成30年10月31日まで

・予定納税)2期:平成30年11月1日~11月30日

住民税)4期:平成31年1月31日まで

 

 

www.neuf9trois3.com