サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

Waves ウォレットを作ってみた。いいですね!

f:id:neuf9trois3:20180408141336p:plain

仮想通貨は相変わらず元気がなく低迷中です。

米国の確定申告が終わる4/15以降に上昇するのでは、という予想も見聞きしますが、果たしてどうなるものか…

とにかくいつからでもいいので上昇してほしい、年初来高値を更新してほしい、というのが仮想通貨取引を行う人たち全員の願いですかね(ショートから入る人は別ですが)。私はそう願っています。

 

Waves ウォレットを作ってみた

最近は暇さえあればエアドロップに登録しています。

おかげで私のMEW(My Ether Wallet)には多くのトークンが送られてきています。但し、そのほとんどが何のトークンなのか全くわかっていませんが…

エアドロップはほとんどがETHアドレスを登録するため、MEWのアドレスを登録しているわけですが、たまに「Wavesアドレスを登録」となっているものがあります。

 

なので、Waves ウォレットを作成してみました。

以下のwavesplatform.comで『Waves Client』をダウンロードします。

Google Chromeからリンクした方がいいようですよ。

wavesplatform.com

 

 

アカウント作成⇒いいですね!

とりあえずアカウント作成して、エアドロップにWavesアドレスを登録できました。

よかった、よかった、と一安心です。

 

でも、このWaves Clientは期待以上にいいんです。

まず画面がきれいで使いやすそうです。そしてBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)またBCH(ビットコインキャッシュ)まで対応しているというスグレモノです。なんで今まで知らなかったのかと思うほどですね。

 

f:id:neuf9trois3:20180408141824p:plain

 

取引所Binance(バイナンス)にWavesを保有していましたので、この際にと考え、このWaves Clientに送金しました。

使い勝手が良さそうなので、これから活躍するのでは!?と考えています。

 

*暗号通貨を安全に保管するならハードウェアウォレット