サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。2017年1月に仮想通貨デビュー。広告をポチっとしてもらえるとハッピーです。

仮想通貨のICOを探すなら、Cryptovestがおススメです!

 ICOを探すなら、Cryptovestがおススメです!

ICOに参加してみたいけど、どうやって探したらいいんだろう?と悩むことありますよね。詐欺には引っかかりたくないし、できればたくさんの候補の中から自分で選びたいですよね。そんな時はCryptovestというサイトがおススメです。

cryptovest.com

Cryptovestのサイト内でICOにフォーカスしたページがあります。このページが使いやすくて、私は時々覗きにいっています。

f:id:neuf9trois3:20180225213148p:plain

 

 CryptovestのICOページの特徴

私がGoodだと考える特徴を紹介します。

f:id:neuf9trois3:20180225213851p:plain

1. ICOが厳選されている

このページに掲載されているICOは、専門家がホワイトペーパーを読み込んで厳選したものです。だからまず、詐欺案件の可能性は極めて低いです。少なくとも、素人がホワイトペーパー(英語)を読んで判断するよりも安心できます。

一方で、全てのICOが網羅されているわけではありません(専門家に選ばれなかったICOもあるわけです)。自分で見つけたICOをこのページで探しても見つからないというケースもあります。

2. 評価がある

金メダル、銀メダルが付いています。それとメダル無しがあります。これはICOを選ぶ際に参考になっていいですね。

3. カテゴリー分類されている

それぞれのICOがカテゴリーに分類され、それを一覧で見ることができます。カテゴリーから探していくという方法もあります。

4. 残り日数が可視化されている

Live ICOs(現在募集中のICO)なら終了までの日数、Upcoming ICOs(これから開始sるICO)なら開始までの日数が明示されています。わかりやすくていいです。

 

f:id:neuf9trois3:20180225215256p:plain

5. ICOの概要が紹介されている

ICOの概要が紹介されています。わざわざホームページに行って、ホワイトペーパーを読まなくても、概要は掴むことができます。

6. リンクが多く便利

ホームページやTwitterなどリンクがあり便利です。詳細を確認したい場合はホームページでホワイトペーパーを読むことができます。

7. どの通貨で購入できるかわかる

これも便利です。但し、この欄に載っているのは購入に利用できる代表的な通貨で、この欄に載っている通貨以外も利用できる場合があります。

難点や注意したい点

もちろんこのサイトも完璧というわけではなく、難点や注意点もあります。

難点

やはり英語オンリーという点ですね。英語を「読んで理解できる」ことが、このサイトを利用することができる条件となります。

注意点

特に注意が必要だと思うのは、Upcoming ICOs(これから開始するICO)の開始までの日数です。日数が多いと、まだまだ余裕があるな、なんて思ってしまいますがそうではありません。

多くのICOでは販売促進のために早期トークン購入者に特典(ボーナスやディスカウント)を付けたりします。ICO開始前にもプレセールがあったり、予約があったりします。もちろんプレセールや予約で購入する方が通常のICOで購入するよりも特典があるわけです。

したがって、残り日数が多いとしても、お得にICOに参加したい(トークンを購入したい)と思えば、すぐにでも詳細をチェックする必要があります。この点は注意したいところです。

 

以上、難点もありますが、やはり利用しやすいサイトだと思います。ICOを探す際には利用をおススメします。

 

*暗号通貨を安全に保管するならハードウェアウォレット