サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。17年1月に仮想通貨デビュー。副業を軌道に乗せてアーリーリタイアメントしたい!

ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』を購入しました。

f:id:neuf9trois3:20180128213833j:plain

 

仮想通貨取引所Coincheckハッキング事件では、CoincheckがハッキングされたXEM(ネム)保有者全員に日本円で返金することを発表しました。

Coincheckの利用者にとっては一安心の対応になりましたね。

しかし、やっぱり取引所に大金を置いておくのはリスクがあるんだな…と再認識されられた事件です。今後も同様のハッキング事件が起こる可能性は大いにあります。今回の事件を目の当たりにしておきながら、何も対策せずにハッキングされてしまったっ!なんて絶対に避けるべきですね!

というわけで、前回の記事で、ETH(イーサリアム)をMyEtherWalletに移してみましたが…これだけでは根本的な解決策にはなっていませんね。

やはりハードウェアウォレットを購入すべき!と考えました。

www.neuf9trois3.com

 

 

ハードウェアウォレット購入

早速、購入しました。Lerger Nano Sです。

以下にリンクを貼っていますが、EARTH SHIP社は仏Ledger社の正規販売代理店ということです。販売価格は15,800円です。

  

 

一応、本家の仏Ledger社のサイトも確認しました。

www.ledgerwallet.com

販売価格は79ユーロ(日本への送料込み)ということですから、1ユーロ135円で計算すれば10,655円です。上記の日本代理店よりは割安になります。

しかし、現在はやはり品薄状態であるようです。カートに入れて確認してみたところ、商品到着は3月27日見込みとのことでした。

2ヵ月待つべきか、とも考えましたが、日本代理店で購入することにしました。日本代理店の在庫もなくなる可能性もありますしね。 

 

はい。ということでハードウェアウォレット購入です。

ちなみに以下にEARTH SHIP社のHPに記載の文章を貼り付けますが、マルチカレンシー対応です。つまり様々な種類のコインを置くことができます。しかし、全てのコインを置くことができるというわけではありません。

マルチカレンシー対応

Ledger Nano SはBitcoin, Litecoin, Ethereum などの暗号通貨に対応しています。異なる暗号通貨のアカウントを同じデバイスに同時に保管可能です。

届き次第、保有コインを移したいと思います。

 

 

*暗号通貨を安全に保管するならハードウェアウォレット