サラリーマンが副業で仮想通貨

中年サラリーマン。資産5億円にしてアーリーリタイアメントしたい!

そうだ、やっぱり税理士さんに相談しよう:前編

 

f:id:neuf9trois3:20171024204643j:plain

そうだ、やっぱり税理士に相談しよう

今年から仮想通貨に手を出した私は、てっきり仮想通貨取引の利益も譲渡所得として、株式の譲渡所得と同じで分離課税で税率20%だと思っていました。

しかし、9月のタックスアンサーにより、仮想通貨取引の利益を雑所得として総合課税として取り扱う必要があることを知り、愕然としたわけであります。やばいっ!

で、個人事業主届を提出して、確定申告に備えることにしたわけです。

当初は税理士さんに相談することを検討しました...が、自分で会計処理しようと考え現在に至っています。

 

しかし、ここに来て、やっぱり税理士さんに相談しようかなと思い直しています。

 

www.neuf9trois3.com

 

当初、税理士さんに相談するのをやめた理由

個人事業主届を提出した当初は当然、税理士さんに相談しようと考えていました。

私が税理士さんに期待する条件は以下です。

  1. 仮想通貨取引の収益計算を教えてほしい
  2. 副業に関する経費処理を知りたい
  3. 私の自宅から近い税理士さんに気軽に相談したい(これからずっと)

そして、この条件を叶えてくれる税理士さんを探すべく、ネットで税理士さん紹介サイトを見つけ連絡したわけであります。

 

税理士さん紹介サイトの回答と対応

税理士さん紹介サイトからお返事をいただき、いろいろ調整したわけですが、なんか違うんですよね。

  1. 仮想通貨取引の収益計算:実績がないので不明です、との回答。つまり仮想通貨取引に精通している税理士さんは残念ながらいません、との回答です。
  2. 副業に関する経費処理:この点はアドバイスが得られそうでした。
  3. 自宅からの近さ:この条件が絶望的に叶えられませんでした。

仮想通貨取引の収益計算については、仕方ないだろうと思います。だって今は誰も正解がわからない状況ですから。でも一緒に考えましょう、という姿勢だったらよかったのですが、『仮想通貨に詳しい税理士はいません』という回答でした。

で、自宅から近くて、いつでも相談できるというのも私の希望条件の1つです。問い合わせ時にもこの点を強調していました。もちろん、サイト上ではこれを叶えてくれそうなところを選んだわけです。サイトには、『初回相談は無料で、相談者の自宅近く(最寄り駅近く)まで相談に伺います。』と宣伝されていました。

しかし、実際にコンタクトを取り調整してみると…全然サイトの宣伝と異なる対応であした。つまり、登録されている税理士さんは、私の自宅のある付近にはいません、大都市にしかしません、というわけです。これがまた、まあまあ遠いんですよね。

「じゃ~、私の最寄り駅まで来て下さい。」とリクエストしても、『時間が取れないので事務所まで来てもらえませんか』という回答ばかりです。

 

 

でもまあ税理士さんは忙しいんだろうから、私が事務所に訪問するのを仕方ないよね、と思い歩み寄ることにしました。

そして、私はサラリーマンですから、「週末もしくは早朝か夕方に相談したいです」と連絡しても(数回交渉しても)、先方からは平日のデイタイムしか候補時間を挙げてもらえません。全く歩み寄ってくれないんですね。

 

その後に、別の税理士さんをと、お願いしましたが、もう1件の自宅から税理士さんを紹介され希望は叶えられませんでした。

どうもその税理士さん紹介サイトはあまり登録されている税理士さんがいないようで、「あなたのお住まいのエリアに紹介できる(登録されている)税理士さんはいません」とのことでした。

 

あーあ、と失望して、じゃー自分でやりますよっ!と不貞腐れて自分で会計処理に挑戦しようと決めたわけです。消極的な動機による選択です。

 

www.neuf9trois3.com

 

でも、その考えを改める出来事がありました。

やっぱり税理士さんに相談しよう、と考えを改め、自宅近くを税理士さんに連絡を取りアポイントを取りました。

考えを改めた理由については後編で説明させてもらいます。